製品紹介

電子ブレーカー

高性能電子ブレーカーを採用し、最大電力をデジタル制御

ネットディフェンスの『NDコントロールシステム』
を導入することにより、電気基本料金の大幅削減が
可能になりました。

NDコントロールシステムとは?

電子ブレーカーの写真 NDコントロールシステム
高性能電子ブレーカーを設置し、最大電力を監視。
CPU制御により従来のブレーカーでは不可能だった最適最小定格電流の設定を可能にし、低圧電力の契約を「負荷設備契約」から、より契約容量の小さな「ブレーカー契約(主開閉器契約)」に変更して、大幅な電気基本料金の削減を実現するシステムです。

なぜ基本料金を下げられるのか?

@ 電力会社に契約の変更を申請します。
A 電流値を測定し電子ブレーカーを取り付けます。
B 電力会社の確認・検査の翌日から基本料金が下がります。
使っても使わなくても、置いてあるだけで容量に算入されます   設備とは無関係に、使用状況によって契約容量を決定できるため、基本料金の削減が可能です  

より小さな容量での契約を可能にします

ブレーカーは、その許容範囲以上の電流が流れたときにこれを遮断し設備を保護するものです。
どれだけ電流が流れたら何分以内に遮断するという基準がJIS規格で決められています。
従来の過電流発生熱で遮断するブレーカーと違い、電子ブレーカーは電流値を感知し、デジタル数値によって遮断します。
動作をコンピューターが制御し、JIS規格の許容範囲最大まで使用できるようあらかじめプログラムされています。
電子ブレーカーの写真
使用状況によっては従来必要な契約容量の1/4以下でも契約可能に
30分までの連続使用なら定格容量の約2倍まで使用可能!
もっと短い時間の連続使用なら定格容量の4倍まで使用可能!
※例は定格電流50Aのブレーカーの場合

大きな削減効果が期待できるのは

電気料金のほとんどが基本料金である場合や、同時に使用しない機械が多数ある、または連続使用(1時間以上)する機械が少ない事業所などでは特に大きな効果が期待できます。

→導入事例のページへ

電気のプロによる確かなご提案

電子ブレーカーを導入するには必ず現地調査が必要です。
動力設備を稼働させ流れる電流値を測定し、同時にヒアリングを行い、機械の使用状況に沿ったご提案を致します。
所要時間は状況によって異なりますが、概ね30分〜40分です。

測定調査の前にご確認ください
電力会社より毎月届いている電気料金の明細書をご用意下さい。
契約容量と契約種別が「低圧電力」であることをご確認ください。
※「低圧電力」以外にも「低圧」を含んでいる契約であれば対象になる場合もあります。
電気料金明細書

→導入フローのページへ

電子ブレーカーの導入をご検討中なら

電子ブレーカーの導入は、多くの販売実績を持つ『ネットディフェンス』にお任せください。
 ◆ ネットディフェンスの導入実績
導入件数:
10,587台(2014年12月末日現在)
導入エリア:
東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県/群馬県/栃木県/茨城県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/新潟県/山梨県/長野県/静岡県/愛知県/大阪府/兵庫県/島根県/広島県/高知県/福岡県/長崎県


弊社は2011年7月、幕張メッセで開催された「産業とくらしのグランドフェア 2011」に出展いたしました。
9月には「関西グランドフェア(大阪)」「九州グランドフェア(福岡)」「中部グランドフェア(名古屋)」と出展し、多くの方々にご来場いただきました。

→グランドフェア出展の様子

ネットディフェンスの安心サービス

◆測定調査費無料
使っても使わなくても支払う基本料金。まずは試算してみましょう!
効果が見込めずご成約に至らなかった場合でも、測定調査費を請求することはございません。

◆24時間365日フルサポート体制
弊社では24時間365日電話にて対応させていただいております。

◆7年間無料保証
万が一、7年以内に電子ブレーカーが故障した場合、無料で交換修理いたします!
※保証書の規定による

◆電気に関する無料サポート
お客様に電子ブレーカー以外で漏電等の電気トラブルが発生した場合、不具合箇所の特定を無料で対応させていただいております。

お問い合わせ

電話:
03-3980-9285
FAX:
03-3980-9286

受付時間:平日 10:00〜17:00
ページトップに戻る